sakusuta’s blog

sakusuta’s blog

さくらスタディの塾長が塾の様子と情報をお届け

三者面談の時期です

今、小・中・高すべての学校で

三者面談が行われています。

f:id:sakusuta:20210716213009p:plain



そして塾でも保護者面談を実施。

保護者の皆様

忙しいところすみません!

ご協力ありがとうございます。

ほとんどの方は

面談後に寄ってくださるので

そのまま通知票を見ながら

進路に向けて話をしています。

 

学校は人数も多いので

面談は15分~20分ほど。

時間もないので

あまり質問などもできないということで

高校体験入学や成績の付け方

どういった高校がいいのか

話し合うことが多いです。

さくらスタディでは

45分~60分時間を設定していますので、

たっぷり話ができます。

 

成績が上がった生徒についてはとにかく褒めました。

特に今回のテストでは

かなりの生徒が大幅アップを成し遂げたので

褒めまくりです。

 

伸び悩んだ生徒については

まずは今の現状を伝え

家の様子を聞き

学校の三者面談が終わっていたら

学校の様子も聞きます。

そしてそこから

解決策をお伝えしていきます

がんばっているのに思うように伸びない場合は

後はやり方だけなので家での勉強法を伝えます。

後日、本人にも伝えます。

がんばれていない生徒については

お家ではこうしてください。といった話をします。

あとは本人次第なので

私が直接本人に話もします。

ここで、

親任せにしては塾の意味がなくなります。

ご家庭と塾とで(もちろん学校もです)

協力することが大事ですので

こういう風にさせてください、と伝えますが

本人にもしっかりと指導をしなければ

心は変わりません。

協力し合って最善の策を考えていきます。

 

 

 

あとは全体の共通事項として

 

小学生については

 学校生活

 学習習慣について

小学生ですから、まずは

学校生活を楽しんでほしいのと、

小学生のうちからしっかりと学習習慣を

身につけてもらうことを目的としています。

 

中学生は

 学校生活・部活

 進路について

中学生では学校生活のほかにも

部活動のことも聞きます。

また、中1のうちから内申点に関わりますので

中1のうちからしっかりとした成績を取っておけば

中3になったときにかなり有利になっています。

だんだん反抗期・思春期を迎えてくるので

学校と家と塾

三者でまったく行動パターンも違っています。

そういった情報交換もしていきます。

 

高校生は

せっかくその高校に入ったのですから

充実した高校生活になってほしいので

学校生活ももちろん確認します。

高総体や生徒会なども

どんどんやっていいと思います。

そして進路です

大学受験なのか就職なのか

最近では工業高校からも

大学進学が増えてきていますので

きちんと確認していきます。

目指す大学によっては

このままでは行かなくなり

何かを犠牲にすることも出てきてしまいます。

睡眠や飲食を削るわけにはいきませんので

部活や生徒会ですね。

そういった相談もしていくことになります。

 

 

こちらからはそういった内容ですが、

お母さん、お父さん方からも結構質問が来ます。

・体験入学はどのくらい行くべきか

・滑り止め受験は必要か

・〇〇高校ってどうですかね?

 

また

最近だと、学校での困りごとなども増えてきました

 

帰りの会が長引いてスクールバスに遅れることが多い

・今年からテスト前なのに部活が毎日19時ころまである

・相談したことが、その先生のところまで伝わっていない

・明日提出期限の物が、前日に配布される

・水筒の中身が(熱中症対策)学級ごとにルールが違う

 

 

緊急性の高いものもあったので

すぐ学校に連絡を取るように話をしました。

 

 

 

 

 

今日はここまで

 

 

 

夏期講習会についての 

お問い合わせは

さくらスタディ

0197-72-8598

まで

 

さて、今週も

ガリガリと勉強させていきましょうか。

 

 さくらスタディ   のHPもぜひご覧ください。

 さくらスタディ  のHPはこちらです。↓

sakusuta.manabiya.tv

 

 

私の独り言もぜひご覧になってください。↓

furudate.hatenablog.jp