sakusuta’s blog

sakusuta’s blog

さくらスタディの塾長が塾の様子と情報をお届け

大学受験は推薦受験も視野に入れよう!

ブログは毎日更新中!

オフの時はこちらのブログを更新します。↓

furudate.hatenablog.jp

よければどうぞ。

 

 

・・・・そうなんですか!

もしそんなことを

相方にしてしまったら・・・

ブルブルブル・・・・・

 

 

なるほどー。

けっこう、

過去を振り返るな、系の

名言がある中で、

これは新鮮ですし、

意外と納得できます。

 

今日もZOOM研修

今日は大学受験

そのなかでも

総合型選抜

についての研修会でした。

 

総合型選抜とは

以前は

AO入試と言われていました

「AO」とは、

アドミッション・オフィス

(日本語で入学事務局)の略です。

2021年度入試より、

「総合型選抜」という名称へ変わりました。

 

大学・短大・学部・専門学校が定める

「求める学生像(アドミッション・ポリシー)」

に合った人物を採用する方式で、

入試入学者比率は

学校推薦型選抜より低い選抜方式です。

「その大学で学びたい」という強い意欲や、

入学後の目標が重視されるのが特徴で、

学校長の推薦は基本的に必要ありません。

そのため、

書類審査や面接だけでなく、

知識や思考力・表現力など、

他面的に評価する選抜方法が増えています。

 

総合型選抜の専門塾があることが

一番の驚きでしたが・・・。

岩手ではちょっと・・・・💦

 

推薦合格者は年々増えていて

今では、一般合格者と推薦合格者は

1:1

まで来ています。

 

 

ひたすら偏差値を高めるために

勉強していた時期もありましたが

大きく変わりましたね。

個性を伸ばす時代ともいえます。

 

自分のやりたい夢と

大学側が求める人物像が

一致した時、合格をもらえるわけです。

 

自発的な研究が求められているので

研究のレポート

面接などがかなり重要となります。

ココが苦手だとちょっと

難しいかもしれません。

 

目標や夢など

思い描いていることを

文字におこせるかどうか、

面接ではなせるかどうか

が総合型選抜では重要なので

目指す人は、

普段から

考えを話す、文字に起こす

レーニングが必要になってくるわけですね。

 

推薦で入った人は

一般受験で入った人より

就職で損をする

というイメージを持った保護者の方が

多いのが今の現状です。

・・・が、

今はそんなことはありません。

・・・が、まだまだ

ブラック企業がありますからね💦

むしろ、そういう企業は

狙っちゃだめです。

 

大学側が求めている

人物像に

自分が当てはまったということですから

そういう希望があったら

挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

さくらスタディでも

小論文・面接対策がありますので、

一般受験も・推薦も

どちらを志願していても

しっかりと対応していきます。

 

どうぞお問い合わせくださいませ

 

 

 

今日はここまで

 

さくらスタディ

新規受講生の募集を

行っています

さくらスタディで一緒に頑張りませんか?

 

 

お問い合わせは

さくらスタディ

0197-72-8598

まで

 

さて、明日も

ガリガリと勉強させていきましょうか。

 

 さくらスタディ   のHPもぜひご覧ください。

 さくらスタディ  のHPはこちらです。↓

sakusuta.manabiya.tv

 

 

私の独り言もぜひご覧になってください。↓

furudate.hatenablog.jp

ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村