sakusuta’s blog

sakusuta’s blog

さくらスタディの塾長が塾の様子と情報をお届け

特進コースの勉強は塾並みに厳しくて良い

お題「#新生活が捗る逸品」

item.rakuten.co.jp

パソコンでの作業が

増えてきましたので、

こういったものを購入しました。

f:id:sakusuta:20210417193703j:plain



・・・・が大失敗でした💦

Macじゃないと安定しませんでした。

NECのノートだとですね、

重みで下がってきてしまいます💦

17インチの幅広いノートパソコンに

対応できます。

20キロまで耐えれます。

とあるので

大丈夫なはずですが、ダメでした。

対応機種詳細まできちんと見てみると・・・

Macブック、Macブックpro

iPad・・・

幅広いノートパソコンに対応????

うーん、

ということで返品します。

 

 

 

 

専北特進の生徒の学習が

妙に塾になじみます。 

sakusuta.hatenablog.com

 

高校部の学習は

こういう方法でやっているのですが、

必要なテキストを購入していただく

必要があるんですよね。

もちろん、大学受験ですから

当たり前なのですが…。

 

ところが、

高校によっては

数学は青チャート

英語はターゲット1200

とレベルが生徒に合っていない

ところがかなり多くて

宿題だけで一晩かかってしまう

生徒が多いんですよ💦

黄チャートでギリギリ

もしくは白チャートから

始めたほうが良いような生徒もいる中で

全員が青チャートスタートなので、

そりゃー自力では解けませんよ・・・

なので、

塾の勉強、というより、

宿題の質問がたくさんあって

受験対策までなかなかたどり着けないという

悪循環・・・

 

これをなんとかしていきたいものです。

 

専北特進は

まるで塾???

のように進んでいきます。

20人ほどの少数精鋭たちを

全教科の先生たちが鍛えてくれるので

かなり

手厚く見て下さっているようです。

 

毎週英単語テスト

古文単語テスト

数学の小テストがあるようで

私としてもだいぶ

やりやすいです。

 

ひょっとして

受検コンパス関係者ですか???

というくらいの

似ている指導方針

 

岩手ですと

私立高校は

すべり止めというイメージで

あまりよろしくはないのですが、

特進コースは別格です。

 

本気で大学行きたい人たちだけが

集まっているので

勉強する環境としても最高なようです。

 

一番は生徒や親の声ですね

親「かなり良い高校だから弟も特進に入れたいので

  よろしくお願いします。」

なんてことを私に話してきたり、

生徒「絶対、特進はいいよ。」

なんて新・中3生に話しかけていたり。

 

生の声ですから、

本当に良いのでしょうね。

何より、実際に

この生徒が

塾内でもダントツで伸びてきています。

中3のときは塾内でも真ん中くらいの成績でしたが

今は塾内でトップ!

高3を焦らせる存在になってきています。

 

でも

こういうプレッシャーはすごく良い。

 

高3が部活を言い訳に

勉強を休んだりしていたときもありましたが、

今では

毎日来る生徒も出てきました。

とても良い傾向です。

こういう良い競争はどんどんやってほしいと思います。

 

 

 

 

今日はここまで

 

 

さて、今日も

ガリガリと勉強させていきましょうか。

 

 さくらスタディ   のHPもぜひご覧ください。

 さくらスタディ  のHPはこちらです。↓

sakusuta.manabiya.tv

 

私の独り言もぜひご覧になってください。↓

furudate.hatenablog.jp